技術分野

パワエレ・電子

事例・実績

新幹線車両用連続換気装置

新幹線車両用連続換気装置とは

 高速で走るが故に、窓が開かない密室構造の新幹線では、室内の換気装置が重要な役割をしているのをご存知でしたか?
 川崎重工業では、車両システムインテグレーションの一環として、新方式の新幹線車両用連続換気装置を開発しました。 室内圧の変動を抑制するために、給排気ファンの回転数を個別に制御するという、独自の方法を採用した結果、耳つん抑制、低騒音、低電力を実現し、乗り心地の向上と運用コストの低減に寄与しています。
 川重テクノロジー(株)は、この連続換気装置の制御装置を製造・納入しています。

換気装置概念図

換気装置概念図

受注実績 国内外新幹線向け 合計約1000台

台湾新幹線用