技術分野

ICT/IoT

事例・実績

船舶運航トータルサポートシステム

概要

 安全で効率的な船舶の運航をトータルにサポートするシステムです。

インターネットを介して、船舶の運航情報を陸上でタイムリーに共有することができます。また、必要な情報の閲覧から解析までを簡単に行えます

システム構成図

【システム構成図】

解決する問題点と、その効果

1.船舶の安全を確保

 機関部データロガのデータを用いて異常診断を実施。異常を事前に察知してアラームメールを送信、トラブルを未然に防ぐことができます。

2.乗組員の手間を削減

 機関部データロガ、GPSのデータの取得、診断までを全て自動化。また、アグログの作成、送信も簡単な操作で行えます。

3.スピーディーなデータ解析で効率的な運航管理を実現

 船舶より日々送信される運航情報は、用途に応じ航跡、トレンド・解析グラフ、集計レポートなど様々な形で簡単に取り出すことができます。

4.コスト削減

 運用コストに影響する燃費情報を陸上オフィスでも日々把握することができます。これにより、効果的な対策を行うことができます。

5.環境対策

 全船のCO2排出量情報を集計し、レポートすることができます。また、様々な条件で集計・分析することが可能です。

6.データ管理作業の手間を削減

 運航情報を蓄積するサーバの管理やサポート業務などは、一括して弊社が請け負うことで、快適に運用して頂くことができます。

 これらのことによって、安全で効率的な船舶の運航をサポートします。

特長

  1. 作業の流れに沿って電子アブログを簡単に作成可能
  2. 船舶管理に必要な情報を陸上オフィスより閲覧可能
  3. 性能解析等に有益な運航情報を長期間蓄積し活用可能
  4. GPS、機関部データロガのデータは自動取得
  5. 様々なメーカのデータロガに対応
  6. 運航情報の解析やグラフ化、航海軌跡の表示などの機能を提供
  7. 中小の船社、船舶管理会社様向けのASPサービスも展開

本船よりのアブログ(運航データ)をもとに、効率的な運行管理をサポートします。

適用分野

 お客様の業務に合わせたカスタマイズで、スムーズな導入/運用が可能です。

 [船社、船舶管理会社]川崎汽船(株)、ケイライン シップマネージメント(株)、太洋日本汽船(株)、日本郵船(株)

動作環境

 WindowsVista/Win7(32bit,64bit)(日本語/英語)

 Excel2003/2007/2010(日本語/英語)

LINE UP

EP-MONITOR 位置情報の軌跡表示、主機の性能解析・診断
SPAS アブログの電子化と省エネ、環境対策、性能などのデータ解析