技術分野

ROBO・MECH

事例・実績

ロボットのオフラインティーチングシステムの開発

KCONGとは

KCONG

 3次元CADデータを最大限に活用した「ロボットのオフラインティーチング(自動教示)ソフトウェア」です。 ロボット教示のコストを削減し、生産効率の向上を実現します。

KCONGが解決する問題点と、その効果

1.ロボット教示時間短縮

 従来、ロボット教示には教示時間と調整時間を合わせて1~2週間かかっていました。KCONGは、教示の自動化とオフライン調整により、教示時間の大幅な削減が可能です。

ロボット教示時間短縮

2.生産コスト削減

 少量生産や複雑形状を伴う作業はロボット化が困難で、生産コストがかかります。KCONGは、教示時間の削減と手作業のロボット化の実現により、生産コストの大幅な削減が可能です。

生産コスト削減

 これらのことによって、KCONGは生産効率の向上を実現します。

KCONGの特長

1.簡単操作

 簡単操作で、導入した日からロボットのフル活用が可能。

2.3次元CADインテグレート

 設計データをそのまま生産工程に移行可能。

3.多用途適用

 切断・溶接・面取りなどさまざまな分野に適用可能。外部軸のついた特殊なロボットにも対応。

4.高拡張性

 生産機種の変更にも迅速に対応。

適用分野

 面取り、超音波探傷、開先ガス切断、アーク溶接など

LINE UP-広がるKCONGの世界

 KCONGは汎用性が高く、あらゆる分野へ適用可能です。

KCONG for CUTTING 水素ガス切断への適用・材料切断への適用
KCONG for ArcWelding アーク溶接、レーザ溶接への適用
KCONG for MILLING NC切削への適用

KCONG for CUTTINGとは

 3次元CADデータを元にして、バリ取りをはじめとしたロボットによる切断加工の動作プログラムを自動生成するソフトウェアです。
マウスクリックによる簡単操作でオペレーターの負担軽減、低コスト・短期間での導入を可能にしました。

KCONG for CUTTINGの特長と導入メリット

1.経路登録機能

 3次元モデル形状のエッジ、カーブ、フェイスを検知して、ロボットの切断経路を自動生成します。

2.ツール姿勢決定・編集機能

 蓄積した切断ノウハウに基づき、刃先の仰角、前進・後退角、および切断速度などの切断条件を自動設定。また、すぐれた編集機能により姿勢変更も容易です。

3.シミュレーション機能

 作成したプログラムをシミュレーションし、干渉チェックとロボット動作の検証、修正を行います。またこの時、外部軸などの冗長軸も自動で設定し、オペレータの負担を軽減します。

適用事例

KCONG for MILLINGとは

 製品形状の3次元CADデータ(※)を元にして、ロボットによる3次元切削加工の動作プログラムを自動作成するソフトウェアです。
マウスクリックによる簡単操作でオペレーターの負担軽減し、コストと期間の大幅な削減をを可能にしました。

※Solid Works、Inventor、CATIA、UNIGRAPH、I-DEASなど幅広いCAD/CAMシステムのデータに対応可能です。

KCONG for MILLINGの特長と導入メリット

1.経路登録機能

 3次元モデル形状のエッジ、フェース、カーブを検知して、ロボットの切削加工の経路を自動作成します。

2.ツール姿勢決定・編集機能

 蓄積した切削ノウハウに基づき、刃先の仰角、前進・後退角、および切削速度などの切削条件を自動設定。また、すぐれた編集機能により姿勢変更も容易です。

3.シミュレーション機能

 作成したプログラムをシミュレーションし、干渉チェックとロボット動作の検証、修正を行います。またこの時、外部軸などの冗長軸も自動で設定し、オペレータの負担を軽減します。

適用切削加工例

 樹脂切削加工、ウレタン切削加工、ゴム切削加工

カタログダウンロード