ショールーム 業界の今を知る
 
風洞試験のご紹介

図1 加熱前後の鉱油系オイルの赤外吸収スペクトル例
 風洞試験設備とは、人工的に風の流れを発生させ、流れの観測や圧力等の計測を行う設備で、川崎重工業(株)では、モーターサイクル&エンジンカンパニーが所有しており、当社がその設備の管理・運営を行っています。
 この風洞設備は、2009年に竣工した二輪用実車風洞で、原寸大の開発車両の試験を行うことができ、Ninja H2/H2R、ZX-10Rをはじめとする量産車や、スーパーバイク世界選手権(SBK)等のレース車両の開発試験も行っています。カワサキレーシングチーム所属のトム・サイクス選手(2013年度チャンピオン)やジョナサン・レイ選手(2015・2016年度チャンピオン)も訪れ、試験に参加しました。

Ninja H2R試験風景
【Ninja H2R試験風景】

船舶模型試験風景
【船舶模型試験風景】
 本風洞では、非常に強い台風の最大瞬間風速である50m/sの風を、連続して流すことが可能です。この能力により、モーターサイクルに限らず屋外で使用される製品全般にも幅広く適用することができますので、モーターサイクル&エンジンカンパニーや川崎重工グループ以外のお客様の、様々な試験にもご利用いただいています。
【川崎重工グループ以外の試験実施例のご紹介】
  • 道路用信号機器
  • 船舶用通信機器
  • 鉄道用運行管理機器
  • 太陽光発電機器
  • 屋外設置通信機器
  • 競技用自転車
  • EV(電動)バイク〈※1〉

〈※1〉株式会社モビテック様のEVバイク世界最高速チャレンジに、本風洞設備をご利用頂きました。試験当日は、設計担当の方々をはじめ、デザイナー様やライダー様により、様々な試験が行われました。
株式会社モビテック ブログ「EVバイクプロジェクト〜vol.25 風洞試験〜」

CD値(空気抵抗係数)計測風景
【CD値(空気抵抗係数)計測風景〈※1〉
煙試験風景
【煙試験風景〈※1〉
 本風洞設備の概要と試験項目の一例をご紹介いたします。

風洞設備外観
【風洞設備外観】
【設備概要】
  • 型式:水平回流式 セミオープン(測定部開放)
  • 吹出口寸法:幅3.0m×高さ2.5m
  • 最大風速:180km/h(50.0m/s)
【試験項目のご紹介】
  • 耐風試験(破壊試験は除きます)
  • 六分力〈※2〉計測
  • 圧力計測
  • 温度計測
※上記以外にも様々な試験方法を、お客様のご要望に応じてご提案させて頂きます。

〈※2〉六分力定義
〈※2〉六分力定義】

 風洞試験を実施することにより、燃費など環境性能向上を左右する空気抵抗の他、安全性、安定性、冷却性能、強度の確認等、目的に応じて様々な効果を確認することができます。
 川重テクノロジーでは、風洞試験の実施に加え、供試体の3D形状計測、CFD解析等、様々な技術も合わせてトータルソリューションで、お困りごとを解決いたします。

 “風”にお困りでしたら、お気軽にご相談ください。
(2017/1)
トータルソリューション推進部
高須 圭二
お問合せはこちらから