技術分野

構造・流体解析

事例・実績

板厚中立面の作成・板厚設定の自動化

キーワード 解析プリ処理、自動化、カスタマイズ、板厚中立面
解析ソフト HyperMesh
プログラム言語 Tcl/Tk
目的
  • 要素単位でなく、作成された中立面単位の平均板厚として設定したい。
  • 同じ板厚であっても、部材毎にプロパティ(板厚設定)は分けたい。
  • 作成されるプロパティ(板厚設定)のIDを規則的に管理したい。

ソフトウェア既存機能の困りごと

  • 既存の自動板厚設定機能では要素単位に板厚設定されるので、後工程での形状修正が大変。
  • 異なる部材に同じプロパティを設定されても困る。(作業性悪化、材料が異なる)
  • FEMモデルではパーツがIDで管理されているのでIDを見ただけで板厚がわかるようにしたい。

ソフトウェア既存の機能を目的に沿った特化システムへとカスタマイズし作業工程を自動化した。