技術分野

構造・流体解析

事例・実績

タービン翼設計支援システム

タービン翼の設計では要件を満足するまで多くの計算を繰返します。 また設計パラメータも多く、どのパラメータで要件を満たすかにより解が若干ばらつく傾向がありました。 このため設計部門と協議して設計プロセスを標準化し良否判定基準を設けた上で設計支援システムを開発しました。 設計の主な流れを下図に示します。 計算データは下流側へ渡す場合が多いためデータ授受インターフェイスを整備し、データ転記等の無駄な作業を除いています。

本システムのユーザーインターフェイスはExcelで作成されています。これは設計ソフトの変更に 伴うデータの変更を容易にすること、設計者が結果の加工をし易いことを目的としています。 開始画面はシステムの全体像がわかるデザインとしています。 各種処理指定はボタンクリックで行いますので操作が簡単です。 計算結果はExcelのグラフ機能で表示し、一部は独自開発のViewerで表示しています。