技術分野

化学

業務内容

組成分析・不具合調査 鉄鋼・非鉄金属・セラミックス

概要

 金属材料やセラミックスのような無機材料の性質を正しく把握し、品質を管理するためには材料の組成や不純物といった成分を精度よく分析することが重要となります。

 当社では金属(鉄鋼、非鉄)材料やセラミックスのような非金属材料など幅広い無機材料の成分分析を取り扱っており、部品の組成・規格の確認や材質推定など多くの業務を行っています。

 また、当分野において試験所の技術能力についての国際的な認定であるISO/IEC17025を取得するなど、分析結果の精確さ・信頼性の向上に努めています。

<こんなご要望はありませんか>

お気軽にご相談ください。

調査手法

■ 定性分析

リガク製蛍光X線分析装置

リガク製蛍光X線分析装置

 試料中にどのような元素が含まれているのかを調べる分析を定性分析といいます。

 当社では適切な酸等で溶液化した試料をプラズマ発光分析装置(ICP-AES)で分析、あるいは 蛍光X線分析装置(XRF)で試料を非破壊で分析することが可能です。

■ 定量分析

日立ハイテクサイエンス製 プラズマ発光分析装置

日立ハイテクサイエンス製
プラズマ発光分析装置

 ある元素が試料中にどれくらいの量含まれているのか調べる分析を定量分析といいます。

 当社では試料を小片や切粉状に調整または粉砕等を行い、適切な酸等で溶解した溶液をプラズマ発光分析装置(ICP-AES)で分析します。

 試料を溶液化することで、一般的な非破壊での機器分析よりも試料本体の組成を精度よく測定することが可能です。

 また、超微量元素分析が必要な場合には プラズマ質量分析装置(ICP-MS)による分析も可能です。

分析手法ごとの特徴

測定手法 試料 測定領域 分析内容
プラズマ発光分析(ICP-AES) 溶液化 採取分を均一に 定性、定量
蛍光X線分析(XRF) 非破壊 表面付近 定性(半定量)
プラズマ質量分析(ICP-MS) 溶液化 採取分を均一に 定量(微量)

主な適応範囲

材料 適応例
鉄鋼 ステンレス、炭素鋼、低合金鋼、工具鋼、鋳鉄など
非鉄金属 アルミニウム合金、銅合金、ニッケル合金、チタン合金など
非金属 セラミックス、触媒、石炭灰など

 上記適応例以外の金属・非金属材料や処理液・油中の無機元素についても分析の実績がありますのでまずはお気軽にご相談ください。

関連項目