技術分野

材料評価

事例・実績

鋼板表面におけるき裂発生

材質 不明(ただし、焼入れ後研削)
環境  
事故/
損傷状態
  • 研削後の表面に発生したき裂は、亀甲状を呈していた。
  • 表面のエッチング後において、金属組織が筋状に変化した部分が局部で見受けられた(写真中矢印部)。
  • 表面直下の硬さが、少し内部に入った位置に比べて低くなっていた。
結論
(推定原因)
研削時の熱負荷に伴うき裂(研削割れ)
対策
  • 研削条件の変更(例えば、冷却を併用する)

調査結果