技術分野

材料評価

事例・実績

鉄道車両用部材でのき裂発生

材質 SS400
環境 大気中(雨滴等との接触は有り)
事故/
損傷状態
  • 破面はかなり平滑で、ビーチマークが形成されていた。
  • き裂は、溶接金属の止端部が起点となって伝播していた。
  • き裂伝播部には、疲労破壊を示すストライエーション模様が認められた。
  • 起点部を通る断面において、溶接金属が母材を覆っているような様相が確認された。
結論
(推定原因)
溶接欠陥(オーバーラップ)の存在に伴う応力集中係数の増大化
対策
  • 溶接後のグラインダー仕上げを実施するあるいは研削深さを増やす
  • 溶接条件(運棒速度,電流,電圧等)を改善する

調査結果