技術分野

材料評価

事例・実績

鋳造部材でのき裂発生

材質 球状黒鉛鋳鉄
環境 油中
事故/
損傷状態
  • き裂はコーナーR部に沿って伝播していた。
  • 起点部には組成像で黒色を呈した(軽元素を多く含んだ)領域が認められ、それは母材とほぼ一体化していた。また、その領域には結晶物や局部溶融したような様相が認められた。
  • 起点部では、珪素(Si)と酸素(O)等の軽元素を主成分としていることが分かった。
  • き裂伝播部では疲労破壊の特徴であるストライエーション模様が形成されていた。
結論
(推定原因)
砂の焼着き(鋳造欠陥)の発生に伴う疲労き裂伝播
対策
  • 古砂と新砂の混合割合を変更する
  • 古砂のリサイクル(再使用)を回避する
  • 塗型を適宜塗布する{特に過熱領域(ホットスポット)が形成されやすい部分}

調査結果