技術分野

材料評価

事例・実績

複合材料の強度試験

インストロン製万能試験機では金属材料以外に、複合材料の強度試験も実施しています。 室温での強度試験は恒温・恒湿環境下で行い、温度条件を変える場合は恒温槽を用います。
また、Wet conditionで試験片を吸湿状態とすることも可能です。
万能試験機の仕様と、対応できる試験項目は以下の通りです。

インストロン製試験機(NVLAP検定合格)

型式 秤量 最大試験ストローク 備考
5967 30kN 1500mm 5kNおよび1kNロードセル設置可能(検定済)
5984 150kN 1700mm 恒温槽 -60℃~250℃
5585 250kN 1500mm 恒温槽 -60℃~250℃

上記3台の試験機に設置可能なロードセル5kN、1kNも保有

試験種別 対応可能な試験規格の例 計測項目
引張試験 JIS K 7165
 (一方向繊維)
JIS K 7164
 (等方・直交異方性繊維)
応力-ひずみグラフ
引張強さ
圧縮強さ
破断伸び
弾性率
ポアソン比
圧縮試験 ASTM D6641
 (強度及び弾性率測定)
層間せん断試験 JIS K 7057(FRP全般)
JIS K 7078(CFRP)
応力-変位グラフ
層間せん断強さ
曲げ試験 JIS K 7017(FRP全般) 応力-ひずみグラフ
曲げ強さ、弾性率
ポアソン比
層間破壊靱性試験 JIS K 7086(CFRP) 荷重-変位グラフ
層間破壊靱性値