技術分野

ROBO・MECH

事例・実績

汎用高速制御装置

汎用高速制御装置とは

 川崎重工では、幅広いニーズにマッチした制御装置とソフトウェア開発環境を独自に開発・提供してきました。
汎用高速制御装置は、そのような従来の提供品に、

を新たに加えたものです。

汎用高速制御装置が解決する問題点と、その効果

1.多重化システム構成を実現

2重化汎用高速制御装置によるシステム構成例

2重化汎用高速制御装置によるシステム構成例

2.強力なGUI機能による開発環境を標準化

制御ソフト開発環境(Block Editor)

制御ソフト開発環境(Block Editor)

汎用高速制御装置の特徴

  1. 大規模から小規模まで対応できるハードウェアラインナップ
  2. EthernetやCANなどによるオープンネットワーク対応
  3. グラフィカルユーザインタフェースによるソフト開発
  • 柔軟にI/Oを構成可能――VME,PC/104等の汎用規格
  • 複雑な制御処理の開発効率化/実装を実現――開発環境の社内開発
  • RAS(Reliability Availability Serviceability) 機能による自己診断
  • 2重化、3重化対応(内製CANボード、リモートI/Oによる冗長系構成)

適用分野

実績350セット以上

[適用項目]
船舶用制御装置、LNG船用ボイラ制御装置、車体傾斜制御装置、低速作業車自動操舵制御装置、各種ガスタービン制御装置、ジェットエンジン試験装置、クレーン制御装置、アクティブ防振制御装置(車両等)、大規模立体駐車場制御装置、FRPプレス制御装置、各種製鉄機械制御装置、線型加速器・超精密アライメント制御装置(放射光施設向)、リアルタイムシミュレータなど

構成機器の仕様

標準ボード

種類 仕様
大規模向け
CPUボード
名称:1MZ(VMEbus準拠のダブルハイトボード、イーサーネットインターフェース)
CPU:VR4310(160MHz)64M SDRAM,64M Flash
中小規模向け
CPUボード
名称:KCC-CPU-01(PC104拡張バス搭載、イーサーネットインターフェース)
CPU:SH-4(162MHz)16M SDRAM,4M Flash
DIOボード リレー入出力、オープンコレクタ出力、TTL入力
A/Dボード 12ビット分解能A/D変換器を16チャンネル搭載
D/Aボード 12ビット分解能D/A変換器を16チャンネル搭載
フィルタボード 32チャンネルアナログローパスフィルタ回路搭載
サーボボード エンコーダインタフェース、D/A変換器搭載(4軸分のサーボ制御が可能)
RASボード 停電検出機能(±5V,±12V,±15V,±24V,AC100V)を搭載
通信ボード CAN(4ch),RS-422(8ch)による通信が可能
リモートI/O FLEX2000で実現(内蔵CPUで分散制御が可能)

ソフトウェア仕様





制御装置 OS 制御ソフト
プログラミング言語
大規模向け 1MZ ITRON系 ・ブロック記述(Block Editor)
・ラダー記述(Block Editor)
・C言語(gccクロス開発)
中小規模向け KCC-CPU-01 ITRON系
簡易試験用 PC(パソコン) Windows