技術分野

振動・騒音

事例・実績

固有振動数、振動モードの計測と解析技術

 船舶のような非常に大規模な構造物から、数cmの機械部品に至るまで、さまざまな実製品の固有振動数と振動モード、減衰比などを実験モード解析法(注)によって算出しております。対象物を励振させるには加振機を使用するか、ハンマリング試験を行います。
 また、これらの実測結果はFEMによる固有振動数解析結果の検証にも用いています。

 

(注)実験モード解析法